ETCカード 割引

以前はもっとメリットが多かったETCカード

国交省がETCを導入した要因としては、料金所での渋滞解消が主たる目的であるとも言われています。

 

その他のも国の経済政策の一つであるという見方もあったようで、車載器の製造やETCカードにまつわる業務の新規導入などが国の政策という見方もあったようです。

 

このように現在ではETCがドライバーに普及されていル割合はほぼ、9割の車に設置され利用されているとされています。

 

ただ、ETCカード仕様のために料金所での思わに事態も発生しているようで、スピード出しすぎて料金所にツッコミ、バーを破損したとか、カードが車載器に完全にセットサれてないために、車の通過時に無反応で後続の車に迷惑をかけているなど、問題も有るようです。 

 

こんなことで、最近では何処かの料金所でバーを外した状態のETCの通過実験を試みているなど、色々と対策も練っているようです。

 

元よりETCとはElectronic Toll Collection Systemの略で、実際に車に搭載利用する方法としてはディラーや自動車部品メーカーで購入したETC車載器を設置してもらいます。

 

ETC導入に当たってユーザーが心配な点として、ETC車載器やETCカードがどこでも使用することが可能あかどうか、結論から言えばETCは現在、全国の主要な有料道路の多くで使用することが可能となっております。

 

しかも、以前まではETCを利用すると割引制度が利用できて、休みの日などは家族で旅行するなど大いに歓迎され、其れに高速道を利用する運送業者などは大いに此の割引を利用して経営的にも潤っていました。

 

ところが、自民党の安倍政権になって以来、ETCの割引制度が次第に弱められ、以前から絶大な人気だった1000円均一も終了し、2014年の4月現在からは休日を除いて3割引きや5割引きが一切無くなり、更にごく最近の今年の6月中には全廃することが決っしてしまったのです。 

 

ただ、暫くは運送業者などを対象とした条件付きのETC割引は残るらしいですが、われわれ一般の観光者や旅行者などの時折利用する者にしては、完全になくなってしまったと言っていいほどですね。